【2021/6/17版】今株価の伸びている業界ランキング

月1でお送りしている業界ランキングです。

前回の内容はこちらをご覧ください。

関連記事

月1でお送りしている業界ランキングです。前回の内容はこちらをご覧ください。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://minokabu.com/sector-202104/ target=][…]

日本株の各業種から、TOPIXと比較してより株価が上がっている業界・下がっている業界を探します。

来月に向けて伸びている業界を探している方から高配当投資(逆張り投資)で今伸び悩んでいる業界を探している方まで、それぞれの投資スタイルにあわせて見てみてください。

ランキングの計算方法

今回業種別にランキングを作成しますが、以下のように算出しています。

・TOPIX17シリーズの業種ごとに、TOPIXと比較してどれだけ成長しているかを算出します。

・各指数についてはNEXT FUNDSの業種ごとETFがあるため、この基準価格を採用します。
基準価格は、業種ごとに時価総額加重平均で算出されています。
比較元のTOPIXと同じ算出方法です。

・算出はランキング作成日前日事前の基準価格と前月のランキング作成時点の基準価格を比較します。
今回は初回なので、3月末の基準価格と比較しています。

TOPIX17シリーズとは、東証の33業種をもとにそれぞれ近い業種をまとめて17業種にしているものです。
33業種だとやや細かくなりすぎるため、今回はこのTOPIX17シリーズを採用します。
このランキングでTOPIX全体と比較して、その業種が伸びているのかどうか他業種と比較できます。

業種自体の指数が伸びていてもTOPIXよりも下回っていれば数値はマイナスとなるわけですね。

ランキングの順位自体はTOPIXとの比較関係なく業種別の株価上昇ランキングと同じになります。

 

ここ1か月の変動ランキング

順位業種TOPIXと比較した変動率
1自動車・輸送機10.15%
2不動産9.24%
3電機・精密3.61%
4運輸・物流3.24%
5医薬品2.51%
6エネルギー資源-0.52%
7食品-1.03%
8商社・卸売-1.05%
9素材・化学-1.82%
10金融(除く銀行)-1.84%
11銀行-2.12%
12電気・ガス-2.35%
13情報通信・サービスその他-3.14%
14小売-3.69%
15建設・資材-4.85%
16鉄鋼・非鉄-9.01%
17機械-9.47%

ここ3か月の変動ランキング

順位業種TOPIXと比較した変動率
1自動車・輸送機3.73%
2不動産1.87%
3食品1.23%
4運輸・物流0.96%
5電機・精密0.95%
6金融(除く銀行)0.31%
7商社・卸売0.13%
8素材・化学-0.12%
9エネルギー資源-0.25%
10銀行-0.35%
11鉄鋼・非鉄-0.48%
12医薬品-1.05%
13電気・ガス-1.27%
14情報通信・サービスその他-1.58%
15小売-1.67%
16建設・資材-1.77%
17機械-3.15%

ここ6か月の変動ランキング

順位業種TOPIXと比較した変動率
1自動車・輸送機2.64%
2不動産2.35%
3商社・卸売2.32%
4エネルギー資源1.42%
5鉄鋼・非鉄1.23%
6銀行0.75%
7運輸・物流0.44%
8金融(除く銀行)0.43%
9建設・資材0.10%
10電機・精密-0.20%
11電気・ガス-0.38%
12素材・化学-0.96%
13小売-1.01%
14食品-1.11%
15情報通信・サービスその他-1.32%
16医薬品-2.26%
17機械-2.38%

3か月連続でTOPIX以上に伸びている業種

今月は該当業種がありませんでした。
大きな流れが見えにくい状況と言えます。
医薬品、運輸・物流が2か月連続でTOPIX以上の伸びとなり、建設・資材、機械、情報通信・サービスその他の3業種が2か月連続でTOPIXを下回っています。
全体の指数としてはまた伸び始めるかもしれないような動きをしているのですが、業種ごとに見てみるとまだまだ方向性がつかめないことが分かります。

おわりに

この1か月、円安の流れもあって自動車関連は一気に伸びましたね。

また、不動産業界も株価が上がっています。

どちらもこの1か月の伸びがすさまじく直近半年の伸びで見ても一気に1位、2位になりました。

最近株価がよさそうに見えるのはこのあたりが理由ですね。

 

もちろん先月急伸した食品業界も今月はTOPIX以下ではあるもののそこまで株価が戻ったわけではなく、全体的に見てもまだまだここから株価が伸びる可能性はあります。

個人的にはちょこっと打診買いはするものの、基本的には様子見するスタンスというのは変わりません。

注目している高配当株が多く集まる業種は不動産を除いて株価が下がり気味なのでうずうずはしますが我慢です。

セルインメイの格言通り秋まではじりじり下がるのかもしれないなと思っています。

こちらで新規投稿やニュースに対するコメントを投稿しています。