資産管理アプリ43ju-niを解説!(その1:概要編)

今回は私が使っている資産管理アプリの43ju-ni(資産ju-ni)をご紹介します。

株や投資信託などの資産管理を1つのアプリで行いたい方にはおすすめのアプリです。

43juni:ポートフォリオ見える化サービス

個人投資家のためのポートフォリオ見える化サービス。日本株・米国株・外国為替・仮想通貨に対応。…

今回アプリのバージョンアップに伴って紹介&使い方説明の記事投稿をアプリ作者のしょさんに承諾いただけましたのでご紹介します。

具体的な使い方の説明は以下の記事をご覧ください。

みのかぶ家計簿

資産管理アプリの43ju-ni解説記事、画面の基本的な説明編です。ポートフォリオのどういった情報を確認できるのかわかりや…

みのかぶ家計簿

資産管理アプリの43ju-ni解説記事、日本株・米国株・その他資産ごとの管理画面と銘柄の編集機能の説明編です。実際に保有…

 

資産管理アプリが必要な理由

投資をしていると、株式だけ、投資信託だけではなくいろいろな金融商品を保有する方も多いと思います。

その中で日本株は○○証券、米国株は××証券といったように複数の口座を利用することがあります。

私の場合だと以下のように分かれています。

米国株、投資信託、単元単位で持っている日本株…楽天証券

単元未満で持っている日本株…SBIネオモバイル証券

妻名義の日本株、投資信託…SBI証券(妻名義)

LINEポイント投資…LINE証券

それぞれメリットがあって使い分けをしているのですが、困ることが1つあります。

それは以下の2点です。

1.結局資産全体で評価額、配当額合計がどうなっているのか分からない

2.個々の値動きを確認するのが面倒

家計簿アプリとしてZaimを使っているので確認できなくはないのですが、Zaimはあくまで家計簿アプリであって資産運用に最適化されているわけではありません
特に高配当投資をしている身としては、配当金額の合計が今どれくらいあるのかを把握しづらいのは非常に面倒です。
そのため、資産運用に最適化された証券口座を横断して管理できるアプリが必要となります。
43ju-niはそのためのアプリとして非常に優秀なアプリです。

43ju-niとは?

43ju-niはPC、スマートフォンからブラウザ(ChromeとかSafari、Edgeなど)で利用可能な資産管理のサービスです。
Google Play StoreやiPhoneのAppStoreからダウンロードするタイプのアプリではありません。
自身が持っている株やFX、仮想通貨、投資信託を入力しておくことで、最新の株価取得や資産の推移、ポートフォリオのグラフ作成、年間の配当計算自動で行ってくれます。
個人で作成されているアプリではありますが、すでに1万人以上のユーザーが利用しています。

開発者はしょさんで、Twitter・Instragramは以下です。

 

ちなみに「ju-ni」という名前は「資産」→「しさん」→「4×3」→「12」とのこと。

 

会社員として働く傍らで開発して、無料公開しているサービスとなります。

非常に使いやすいサービスなのですが、無料なのはすごいですね。

43ju-niを利用するメリット

資産管理アプリ自体は決して43ju-niだけというわけではありません。

私自身これまでもいくつか使ってきました。

代表的なところだと、Yahoo!ファイナンスやInvesting.comです。

いろんなアプリを渡り歩いた結果43ju-niにたどり着いたわけなので、そういったアプリとの比較も含めてメリットを書きます。

 

無料で使える

お金を増やすために資産運用しているわけなので、その管理だけのためにお金がかかるのは嫌ですよね。

43ju-niは完全に無料で使えます。

有料版じゃないと使えない機能もありません

結局私は重宝できているので毎月支援をしていますが、これも投げ銭です。

もっともこういったサービスだとアプリ開発に労力がかかるだけでなく、毎月サーバー代であったり株価データを購入したりするのにかなりの金額が必要になるため、支援がないと維持ができません。

使ってみて「これいいな」と思ったら支援してみるのをおすすめします。

月150円から支援できますよ。

 

ポートフォリオに登録できる銘柄数に制限がない

個別株で分散投資をしているので、私は100近くの銘柄を保有しています。

分散投資としてどれくらいの銘柄を購入すべきかの考えについては以下の記事に記載しています。

みのかぶ家計簿

今回は分散投資について。 株式投資初心者の方やどの程度分散すればいいか分からない方向けの記事となります。 目次 1 株式…

 

 

1つのポートフォリオで登録できる銘柄に制限があるとすべての保有銘柄を登録できないので、資産の全体像を確認することができません。

43ju-niには銘柄数の制限がないのでポートフォリオ全体をちゃんと管理できますね

 

配当金が把握できる

資産管理アプリってあくまで資産額の把握ができることが主目的なので、配当金については分からないことが多いです。

しかし私がそうであるように、配当金が増えていくことで投資の成果を確認している人も多いはずです。

そんな人にとっては、証券口座を横断して配当金額を確認できるのは非常にありがたいです。

 

直観的でわかりやすいデザイン

ポートフォリオの円グラフやここ最近の増減など、非常にきれいなデザインで表示されます。

直観的に今の状況を確認できるのは毎日見ていても楽しくなりますね

 

証券会社のID・パスワードは不要

43ju-niで管理する資産情報は証券口座等から直接連携されるわけではなく、銘柄1つずつ入力が必要です。

その代わり43ju-ni自体に証券口座にアクセスするための情報は持たないので、悪用される危険がありません。

 

詳細部分で証券会社ごとに表示される

グラフィカルな表示だけでなく、43ju-niは銘柄ごとに一覧形式でも表示されます。

証券口座が違う場合は別のデータとして分けて表示されますので、時々証券口座の情報と食い違っていないかどうか確認するときに重宝します。

 

また、私は楽天証券で投資信託を保有しているのですが、証券口座の画面では積立NISAと特定口座の保有分は別々に表示されているので、同じ証券口座でも分けて表示させたいと思ったりします。

そういった場合には便宜上「積立NISAの保有分は43ju-ni上では別の証券会社で持っていることにする」ことで別々に表示させることができます。

たとえば実際にはどちらも楽天証券を使っているけど43ju-niに登録する際に「積立NISAは楽天証券、特定口座はマネックス証券ということにする」感じです。

 

このあたりの管理のしやすさがいいんですよね。。

私が同じ投資信託でも口座が違うものの区別がつきにくいInvesting.comから乗り換えた理由はここと配当金管理ができることだったりします。

 

0.00001株単位で登録できる(PayPay証券利用者向け)

PayPay証券(旧One Tap Buy)を利用している場合は、株数単位ではなく金額単位(例:1000円分購入する)で株を購入しているかと思います。

その場合には0.0001株単位で購入したことになっています

以下は私が以前にPayPay証券で株を購入した際のものですが、「1.86610株」「3.26258株」という中途半端な単位で購入していることが分かります。

 

他の資産管理アプリは最低でも1株単位で購入しているケースしか想定されておらず、無理やり切り上げたりして入力する必要があり正確な金額を計算できません。

でも、43ju-niであれば正しい金額を入力できます。

 

正確なデータを正規購入して提供されている

同様のアプリの中には、証券会社やYahoo!ファイナンスといったデータが公開されているサイトにアクセスして勝手にデータをとってきているものもあります。

そういったアプリだと、そもそもそのデータが正確なものかも怪しくなるうえ、取得元で利用規約に違反していることが多いため今後使えなくなったりしないかといったリスクがどうしてもあります。

43ju-niはちゃんとデータを購入しているため、こういった不安はありません。

 

なお、評価額更新については日本株のみ夕方16:30頃、米国株・FX・仮想通貨については、市場の15〜20分遅れで更新されます。

投資信託は自動更新ができず、最新の評価額も手動で入力する必要があります。

 

スマートフォンでアプリと同じように利用することができる

スマホのブラウザから「ホーム画面に追加」をすると、アプリのように動くように作られています。

そのため、スマホのホーム画面からワンタップで利用できます

 

評価額が過去最高になるとお祝いしてもらえる

おまけ機能ではありますが、資産額が過去最高になると画面で花びらが舞ってお祝いしてくれます。

こういった遊び心があるのも楽しくなりますね。

 

TwitterやGoogleアカウントで利用できる

これホントに重要機能だと思ってます。

もちろんIDとパスワードを設定してログインすることも可能ですが、GoogleアカウントやTwitterアカウントでログインして利用することもできます。

その場合、43ju-niアプリ固有でパスワードを設定する必要はありません。

 

何が大事かというと、いろんなアプリを使ってそのたびにIDとパスワードを設定していると面倒になって同じパスワードを使いまわしがちになります。

その中で1つのアプリがハッキングされたりすると、同じパスワードを使っていた別のアプリも不正侵入されてしまうことになります。

GoogleアカウントやTwitterアカウントはそれぞれ大企業が管理してくれているアカウントですのでパスワードが漏れる可能性は低いですし、ワンタイムパスワードにも対応しているなどさらにセキュリティの強化することが可能です。

こういったアカウントを43ju-niでも利用することで、自分が覚えていないといけないパスワードの数を減らせるだけでなくパスワードが漏洩してしまうリスクを下げることができます。

 

もちろん使い始めてからGoogle/Twitterアカウントでのログインだけに切り替えることもできますし、逆にID・パスワードでのログインに切り替えることも可能です。

 

おわりに

今回は資産管理アプリの43ju-niをご紹介しました。

良くも悪くも証券口座から自動で保有銘柄を連携できない点は人によってはデメリットとなるのですが、それ以上のメリットが大きいアプリだと思っています。

画面や使い方の詳しい説明については次回の記事でご紹介します。

 

こちらで新規投稿やニュースに対するコメントを投稿しています。